アイザック・ウォルトンの本邦初の本格的な研究書。
日本では明治以降数多くの『釣魚大全』が翻訳されているが、
ウォルトンの本来の姿を捉えた研究は殆どみられてはいない。
1993年にウォルトンの 『ジョン・ダン博士の生涯』 を上梓した
著者の長年に亘る研究成果。17世紀英文学研究者並びに
ウォルトン愛好家必読の一冊。
イギリス保守主義の源流

釣 り 師 と 文 学

アイザック・ウォルトン研究


曽村 充利  著
SOMURA Mitsutoshi

聖公会出版
A5判 xviii+624pp+26pp \ 8,800+
ISBN 978-4-88274-217-3
―  目 次 ―
序 章
第T部  アイザック・ウォルトン
  第一章 ウォルトン小伝
  第二章 そのアングリカニズム思想
第U部  『釣魚大全』            
  第三章 『釣魚大全』ジャンルの混合と非告白主義
第V部  『伝記集』と『愛と真実』
 第四章 『ジョン・ダン伝』宗教的伝記と親密な感情
 第五章 『サー・ヘンリー・ウォットン伝』俗人の機知と宗教
 第六章 『リチャード・フッカー伝』プロパガンダと伝記作者の誠実さ
 第七章 『ジョージ・ハーバート伝』王政復古の模範的田舎司祭
 第八章 『ロバート・サンダーソン伝』国教会と柔和な主教の受難
  第九章  『愛と真実』王位継承排除危機と内覧の記憶
第W部   グレイト・テュー・サークル
 第十章 グレイト・テュー・サークルとウォルトンとダン
 第十一章グレイト・テュー・サークルとその思想
第X部  ウォルトンと歴史
 第十二章ウォルトンの 内覧観
 第十三章ウォルトン批評史
附録1    アイザック・ウォルトン研究年表
附録2    日本における『釣魚大全』研究
あとがき/ 引用文献/ 索引
新刊書籍ご案内*
SHIMOIGUSA-SHOBO
下井草書房
















































≪ Top page